メニュー

睡眠の質とコツ⑤

[2019.10.04]

 慨日リズムとは?

人間の体温の変化やホルモン分泌などを調整している体内時計は約25時間周期で動いていて、
これを概日リズムと呼びます。しかし地球の1日の周期は24時間なのでズレが生じます。
毎朝、日光を浴びることで慨日リズムがリセットされ、周期を合わせることができます。
慨日リズムがうまく調整できると睡眠・覚醒のリズムが整い、質のよい睡眠を得られるようになります。

 

日中はセロトニン、夜はメラトニン
メラトニンは夜になると分泌量が増えるとされていますが、
日中に太陽光を浴びてセロトニンをつくっておきましょう。
朝起床したらカーテンを開けて日差しを取り込んだり、出勤時にひと駅分歩くなどして、
意識的に日光に当たりましょう。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME