メニュー

正月準備はできていますか?④

[2019.12.29]

◆年越し蕎麦

 

正月を迎える準備が整ったら、いよいよ年越しです。

年越しそばは江戸時代中期から定着した食習慣とされています。
古くから続く食習の由来ははっきりしないことが多いですが、年越しそばも例外ではなくいくつかの説があります。

 

1.そばは細く長く伸びることから、縁起がいいという説。

寿命を延ばし、家運を伸ばしたいという願いが込められています。こちらが最も有名な説です。

 

2.そばは切れやすい、ということから、一年の苦労や厄災をきれいさっぱり切り捨てようと食べる、という説。

 

3.元禄時代の書物『本朝食鑑』にも、そばは健康によい食べ物、といった意味のことが記されています。

そこから、そばによって体内を清浄にして新年を迎える、という説。

 

4.金銀細工師は、飛び散った金銀の粉を集めるときにそばがきを使います。

そこから、そばは「金を集める」という縁起で食べるようになった説。

 

5.鎌倉時代、博多の承天寺にて、年末を越せない町人にそば餅を振舞うとその翌年から町人たちに運が向いてきたので

それ以来、大晦日にそばを食べる習慣ができたという説。

 

これらが有名であり他にも諸説あるものの、どれもそばの「縁起」にまつわる説とのことです。

縁起を担いで、おいしく年越し蕎麦を頂きたいものですね。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME