メニュー

にきびの予防 其の4

[2018.01.11]

にきびと水の関係

にきびを治したい人は、1日1~2ℓの水を飲むことがベスト!

にきびの多い人に共通することで、水分の摂取量が少なく、

カロリーの高いジュースや、利尿作用があり刺激が強いコーヒーなどの嗜好品が多いようです。

水は体内循環を良くし、排泄を促す働きがあります。また、肌のターンオーバーを促進させ、細胞を活性化します。

うるおいのある肌を保つためにも水は必要不可欠です。

 

にきびケアに効果的な水は、3種類あります。

炭酸水は、飲むと血行が良くなり、血液中の酸素濃度が低下します。ターンオーバーの促進も役立ち、にきびが出来にくくにきび跡のケアにも良いとされています。洗顔にも飲用水としても有効です。

天然水(硬水)は、ミネラルが含まれているため、便秘解消やイライラ防止作用があります。排便がスムーズになれば、にきびが治りやすくなります。

アルカリイオン水は、飲用アルカリ性電解水の通称。pH9~10の電解水をさします。ミネラルを含み、アルカリ性に傾いた水とされています。体内を弱アルカリにすることで、細胞機能が正常に働き、肌のターンオーバーを促進。にきび改善に役立つと言われています。

にきびを治すためには、まず体内の循環を整える飲料水を毎日飲むことが大切です。冷たい水ではなく、あたたかい白湯などにすれば胃腸に負担をかけずに飲むことができます。

生活を見直して、きれいな肌を目指しましょう!

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME