メニュー

クリニックブログ

虫刺され 其の5(2018.07.30更新)
◎ダニ 布団=湿度+人の汗で湿気がある。(ダニの住み心地が良い) そのダニが皮膚を刺すばかりか、フンや死骸でアレルギーを引き起こす原因になる マメに天日干しするか、布団乾燥機を使うなどすると良い… ▼続きを読む

虫刺され 其の4(2018.07.29更新)
 虫刺されの予防についてご紹介します!(^^)!   ◎薄着での外出を避けましょう 特に夏は暑さで薄着になりやすく、虫の活動も活発です。 山や草むらには虫が多く生息しています。アウト… ▼続きを読む

虫刺され 其の3(2018.07.28更新)
虫に刺された時の対処法についてご紹介します。 ◎かゆくてもかかない 基本的に虫に刺されたら、患部をかいたり、こすったりしないよういにしましょう。 かきむしって皮膚が傷つき、そこから雑菌が入り込ん… ▼続きを読む

虫刺され 其の2(2018.07.27更新)
前回に続き虫刺されについてご紹介したいと思います。   ◎虫に刺されやすい場所について 蚊…人家、公園などどこにでも生息、顔や露出をしている手足が刺されやすい場所です。 ブヨ…山間部… ▼続きを読む

虫刺され 其の1(2018.07.26更新)
こんにちわ!(^^)! 夏に起こりやすい皮膚トラブルについてご紹介します。 薄着で草むらや自然の多いところにいるとたちまち虫の標的なってしまいますね(・_・;)   ◎虫刺されとは … ▼続きを読む

日焼け 其の6(2018.07.25更新)
<日焼けに効く食べ物> 何と言ってもビタミンC ◎日焼けし過ぎ予防 ◎風邪の予防 ◎メラニンの生成を抑制・薄くする。 働きがあります。 <ビタミンCが多く含まれる食べ物> ピーマン・ブロ… ▼続きを読む

日焼け 其の5(2018.07.23更新)
    日焼け後の対処法 <日焼けのあと2~3日後、皮がむけてしまって場合> 出来るだけ剝さず保湿するのがベストです。無理に剥がそうとすると炎症を起こしたり、新たな紫外線浴びる事でシミの原因に繋が… ▼続きを読む

日焼け 其の4(2018.07.22更新)
日焼けのケアについて アフターケアや事前のケアでその後の症状が変わってきます。 放置すると火傷やシミ、長時間日光を浴びすぎると皮膚がんになるリスクも高くなります。 ◎日に焼けてしまったら 皮膚… ▼続きを読む

日焼け 其の3(2018.07.19更新)
日焼けをすると肌が赤くなったり、黒くなったりしますよね 今回は色が変わる理由についてご紹介します(*^_^*) ◎肌が赤くなる理由 赤くなりやすい人はメラニン色素を生成するスピードが遅い為、紫外… ▼続きを読む

日焼け 其の2(2018.07.17更新)
日焼けの原因は、紫外線です。 紫外線は、3種類 UVA UVB UVC です。 その中でも特にUVBは、注意が必要です。 紫外線によつて血管が広がり、肌の細胞が傷つきます。 日焼けもホド、ホド… ▼続きを読む

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME