メニュー

クリニックブログ

季節の変わり目の体調不良 其の2(2018.09.06更新)

体調不良の原因についてご紹介します。

 

◎自律神経の乱れ

自律神経は緊張した時や活発に活動しているときに働く”交感神経

リラックスしているときに働く”副交感神経”があります。

 季節の変わり目にはこの自律神経が乱れやすくなります。

季節の変わり目には寒暖差が大きく、自律神経が発汗やなんとか体を気温差に対応しようとし

自律神経が乱れがちになります。

他にもストレスや疲れ偏った食事なども影響します。

 動悸や息切れの原因も細くなった血管に心臓が盛んに血液を送りこもうとしているからです。

頭痛、めまい、だるさなどの症状も自律神経失調症の症状と言えます。

 

☆対策

自律神経のバランスを整えることが大切です。

なるべく決まった時間に起きてベッドに入る規則正しい生活を送ることを心がけましょう。

また食生活にも気を配り、栄養バランスのとれた食事をとるようにしましょう。


HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME