メニュー

クリニックブログ

高齢者の転倒 其の2(2018.08.18更新)

前回に続き転倒についてご紹介したいと思います。

 

◎転倒の原因

①外的要因

室内のわずかな段差、フローリング、階段、浴室などは転倒リスクの高い場所です。

歩幅の小さい高齢者にとってはちょっとした段差でもつまずくことがあります。

②内的要因

病気や疾患、筋力の低下、身体機能の低下などがあります。

薬の副作用でのふらつきや眠気も転倒の原因となります。

副作用についても周囲が注意しておく必要があります。

 

二つが合わさるとよりリスクが高まります。

転倒を防ぐには両方の要因を減らすことが大切です。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME